FEZ日記(適当だぜ!!)

FantasyEarthZeroのBLOG ©2007 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved. Licensed to Gamepot Inc.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

解凍(複数人編)

ルートした敵がいた場合、基本的に片手>両手の優先順位で
割るのに適していますが状況により近づけなかったり
近くにヲリがいなかったりします。

そういうとき、弓皿(今回は短スカは除外)は自分が割ってもいいのか、
他に割ろうとしてる味方がいるのかなど考えていると思います。
使用するスキルとしては、
ヘル、ランス、スピア、ブレイズ、パワシュなどが多いでしょう。

複数人で割る場合は、単体の威力も大事ですが仰け反りも重要になってきます。
この時注意したいのが弓スキルの仰け反りです。
弓スキルはレイン、ブレイズを除いて仰け反りが非常に短いです。
氷を割る初撃がパワシュの場合、それ限りで逃してしまう可能性が高いです。
なので弓は出来るだけ味方に合わせる立ち回りを心掛けるべきです。
個人的にDotの関係もあり初撃はヘル、ランスの順で適していると思います。

繋げる例としては、
ランス→パワシュ
ランス→スピア→パワシュ
ヘル→ランス などなど。

3撃目まで繋がることは少ないですが2撃目までなら
慣れると確実に繋げることができます。


両手ヲリが氷を割るときのコンボとしてベヒ→ヘビスマが適していますが
スキル間隔をあけなければヘビスマでこけません。
これは非常に有用で、ベヒ→ヘビスマ→ランスなどほぼ確定となります。
しかし結構ベヒの後間隔を空けてヘビスマを撃っているヲリが多いように思います。
ベヒのダメを確認してからヘビを撃つような感じで、これではヘビでこかしてしまいます。
両手はそういうことに注意し、スカ皿はヘビスマに被らせないように
気を付けて追撃するようにすればキルにつながりやすくなるでしょう。
スポンサーサイト

  1. 2007/07/27(金) 21:38:52|
  2. FE雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eternal2nerd.blog48.fc2.com/tb.php/293-7478faa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
2007/7/8〜

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。